ノンオイルフライヤーのメリットとデメリットを考えてみる
実際にノンオイルフライヤーを使ってみて感じた事や、口コミなどから、ノンオイルフライヤーのメリットとデメリットを考えてみました。

ノンオイルフライヤーのメリットは?

  • 油をカットしてヘルシーな料理が出来る
  • 調理の際に場を離れても安心
  • 後片付けが簡単
  • 揚げ物の温めなおしが簡単

逆にデメリットは?

  • 本体が大きい
  • 音がうるさい
  • 一度に多くの調理が出来ない

メリットに関しては、油をカットしたり揚げ物が簡単、火のそばを離れても安心など、メディアでの紹介通りですね。
多分、ノンオイルフライヤーの購入を考えるのは、こういった宣伝文句を見たり聞いたりしたからでしょう。

問題はデメリットで、中でも本体が以外と大きいことですね。
多くのノンオイルフライヤーは、高さ、幅、奥行きが30cm~35cありますから、結構な存在感なんです。
以下の表は、各社のノンオイルフライヤーを、「高さ×幅×奥行き」で容積を計算したものです。

メーカー 品名 体積(cm3)
ROOMMATE ゼロフライヤーミニ EB-RM9700A 13,085
わがんせ マルチエアーフライヤー WGMF899 21,962
ONLIFE ノンオイルフライヤー LFR-802 25,740
ティファール アクティフライ FZ205088 27,000
ツインズ イージーフライヤー UTEF1300 30,150
オオトモ ヘルシーフライヤー HF-01 31,878
ONLIFE エコフライヤー LFR-803 31,945
わがんせ ノーオイルフライヤー RJ874WH 33,984
ROOMMATE ゼロフライヤー EB-RM1300 34,656
フィリップス ノンフライヤー HD9227 34,716
フィリップス ノンフライヤープラス HD9530 34,716
フィリップス ノンフライヤープラス ダブルレイヤーセット HD9531 34,716
アイリスオーヤマ ノンフライ熱風オーブン FVH-D3A-R 38,567
アイリスオーヤマ リクック熱風オーブン FVX-M3A-W 38,567

フィリップスのノンフライヤーの様な、見慣れたノンオイルフライヤーですと、34,000cm3~35,000cm3ですが、ゼロフライヤーミニ EB-RM9700Aは13,085cm3と、通常の半分以下の容積で、その名の通りの「ミニ」な作りになっています。


「マルチエアーフライヤー WGMF899」は、バスケット容量も2.5Lと普通より大きい割に、軽量でコンパクトな外観となっています。

おすすめの記事