ノンオイルフライヤーで冷凍コロッケを調理してみた

ノンオイルフライヤーで、全く油の無い冷凍コロッケを加熱したらどうなるか。


今回、スーパーの冷凍食品売場によくある、衣をつけて冷凍しただけのコロッケをノンオイルフライヤーで調理してみました。
コロッケの他にもエビフライやイカリングなど、「後はお家で揚げてください。」といった物です。

冷凍コロッケ1

ノンオイルフライヤーを5分加熱して、200度で15分にタイマーをセットしました。
タイマー設定や加熱温度は感で設定しました。多分これくらいで良いだろうと。


出来上がりがこれです

冷凍コロッケ2

揚げあがったというよりは焼き上がったといった感じです。こんがりきつね色とはいかず、食欲をそそるものにはなりませんでした。

食感はいいですよ。外はカリッとしていて。ただ、ややパン粉のパサつき感はありますね。
ダイエット中」とか「油を摂取してはいけない」なんて時には我慢も出来ますが、美味しいには程遠いですね。

せめて見た目でもキツネ色にこんがりすればと、タイマー設定を長くしたら、今度はコロッケが破裂してしまいました。
やはり、揚げ物は多少なりとも油が無いとダメみたいですね。
これではと、今度は揚げる前にオイルスプレーでまんべんなく油をかけてノンオイルフライヤーで加熱したのがこちら。

冷凍コロッケ3

色もこんがりとしてきましたし、衣もしっとり感がでて、だいぶフライらしくなってきました。
後はスプレーする油の量と加熱時間を調整すれば、もっと上手く出来そうな気がします。

おすすめの記事