余ったパンの耳でラスクを作ってみた

みなさん、サンドイッチで切り落としたパンの耳はどうしてますか?
捨てる?もったいないですよね。

油で揚げて砂糖をまぶして・・というのは定番かな?
でも、いちいち油を引いて揚げるのは面倒ですよね。かといってオーブントースターで焼こうとしても、網の間から落ちちゃうしね。

私はバターを塗ってフライパンで焼いて砂糖をまぶして・・・というのが好きなんですね。
ただ、これは冷めると美味しくないですね。油っぽさ満載な感じになってしまいます。

そこで、バターを塗るのは同じでも、フライパンで焼くのではなく、ノンオイルフライヤーを使ってみました。

これはサンドイッチを作った時の切り落としたパンの耳部分。
これだけを調理するのに油を引いて揚げるのは本当にもったいないですよね。

このパンの耳にバターを薄く塗ってノンオイルフライヤーのバスケットへ。
バターの代わりにマーガリンやオリーブオイルなどでも良いかもしれません。その辺りはお好みで。

130度で12分加熱してみました。パンの量にもよるかと思いますが、加熱時間と温度は、何度か調理していくと、だいたい判るようになりますよ。

出来上がりがこちら。上白糖をまぶして出来上がりです。グラニュー糖でもいいですね。

余ったパンの耳でラスクを作ってみた

バターを塗ったことを忘れたかのように、サクサクのラスクになりました。

nana
これなら、冷めてもしんなりすることなく、美味しさを保ったまま保存できそうですね。
多めに作って冷凍保存しておけば、食べたい時にチョコッとおやつ代わりになりますよ。
皆様、是非お試しを。
おすすめの記事